ペットショップで購入する

ペットを買う最も一般的な方法は、ペットショップで買うというものです。ペットショップではペットの他に、ペットを飼う上で必要となる飼育器具もたくさん売っているので、ペットを買うと同時にそれらも揃えることができるのでオススメです。一般的なペットショップですと、ワンちゃんやネコちゃんを中心に取り扱っていますが、もし買いたいペットがウサギやフェレットなど、一般的なペットショップでは取り扱っていなさそうな動物の場合はなるべく大きいペットショップに行くと良いでしょう。また、ペットショップの場合は育て方やご飯の量なども細かく丁寧に教えてもらうことができるので、ペットを始めて飼うという方にぴったりかもしれません。

ブリーダー業者から購入する

ペットの繁殖を主に行っているブリーダーさんから購入する、というのもペットを買う方法のうちの1つです。ブリーダーさんを探すときのコツは、自分が欲しいペットの品種を明確にした上でその品種を専門に取り扱っているブリーダーさんを探すことと言えますが、最も良いのは知り合いでブリーダーさんを知っている人に紹介してもらうことです。知り合いにブリーダーさんを知っている人がいないか、聞いて見るのもいいかもしれません。

保護団体から引き取る

飼育を放棄されてしまったペットを引き取るという選択肢もあります。保護団体から引き取るに当たっては、民間の場合は引き渡し代やワクチン接種料金等のお金を支払う必要がありますが、ペットショップ等で買うよりはかなり少額となっています。また保護団体から引き取る場合には、飼い主となる資格があるかどうかの審査があることに注意しておかなければなりません。

子犬販売なら神奈川で安心・安全な自家繁殖を行うペットショップもよいです。シャンプー・カット等の美容や、ペットを預かるペットホテルも同時に行うなど、手入れが行き届いています。