ペットショップを利用した購入

新しく犬を飼うための購入方法として比較的多くの人が利用するのがペットショップです。ペットショップとは文字通り様々な動物を取り扱っている販売店で、種類も豊富に揃っているのが特徴になります。一般的にペットショップで販売されているのは生後数ヶ月以内のもので、仮に希望する犬種がいなくても取り寄せることも可能です。
ペットショップは動物だけでなく、生活に必要なトイレや給水器のような身の回りの道具も一緒に購入することができるのが大きなメリットになります。

ブリーダーから直接購入をする

犬の購入方法にはブリーダーを利用する方法もあります。ブリーダーは特定の種類の動物を繁殖したり品種改良を行う職業です。日本には犬に限らず様々な動物のブリーダーが存在しますが、大きな利点として挙げられるが安全性の高さです。ブリーダーの仕事には人間と共に生活をするために必要なしつけなども含まれています。そのため、購入後に言うことを聞かずに飼い主に迷惑を掛けるといったトラブルが起こるケースが低く、小さい子供がいても安心して飼えるのが魅力です。

自治体が行っている里親制度による譲渡

日本には、飼い主の高齢化や病気といった様々な理由で飼えなくなってしまったペットも少なくありません。こうした飼い主を無くしたペットを保護している自治体や愛護団体は定期的に里親探しを行っています。犬はこの里親になる方法でも購入することが可能です。
里親制度は事前に適性などの審査が必要になりますが、問題ないと判断されれば無料で譲り受けることもできるので、費用を抑えて購入したいという人にもおすすめです。

子犬販売なら神奈川県のペットショップがおすすめです。ペットだけではなく餌やペット用の家具、おもちゃなど関連商品の販売も充実しています。