仕事で身につける時計の場合

時計は大きく分けてデジタルとアナログと呼ばれるタイプがあります。好みや職場環境によっても多少は違ってきますが、どちらにするか迷うなら後者にしておく方が無難です。デジタル時計の場合は、どうしてもカジュアルな雰囲気になってしまうため、仕事場には向かないと考える人も少なくないからです。さらに最近では温度や方角、時計によっては心拍数が測れるものも売られています。便利ですが、時刻と日付だけがわかるシンプルなものにしておくと、先輩や上司に咎められる確率をさらに減らせます。
また、ベルトに関してですが、ラバーやメタル素材の時計も売られていますが、仕事で使用するなら黒色の革にしておきたいです。文字盤は黒でも構いませんが、白を使っても良いでしょう。

冠婚葬祭にふさわしい時計とは?

結婚式に出席する時に時計をつけていくのであれば、派手なものは避けましょう。新郎新婦が主役ですから、二人よりも目立つような宝石が散りばめられたものは選ばないのがマナーです。それ以外なら比較的どんな時計でも許してもらえる場合が多いです。ただし、親族の中には、時間を気にしている、早く席を立ちたがっていると、時計をしていること自体を好まないことがあるのです。もしそうなら素直にお詫びして、すぐに時計を外すようにしておきたいものです。二次会などのパーティーであれば時計をつけても問題はないですが、ここでも頻繁に時刻を見るのはやめておきましょう。
葬儀に参列するなら、仕事で使うような時計にしておけば良いです。反対に避けておきたいのは派手な時計はもちろんこと、一目で安価だとわかるようなものも故人や遺族に失礼です。

オフィチーネ パネライとは、イタリアの高級腕時計メーカーです。代表的なモデルとして、ラジオミール、ルミネ―ルが挙げられます。